保管方法にも注意を

ドッグフードせっかく良いドッグフードを購入しても間違った方法で保管すれば、良さが半減してしまったり場合によっては犬に害を与えてしまったりすることもありますので注意が必要です。
ドッグフードは、大きく分けて3つの種類があります。
一つは、「ドライタイプ」と呼ばれるものです。こちらは、水分が少なく日持ちするのが嬉しいタイプのフードです。また、ドライタイプは程よい触感がある為、犬の歯に汚れがつきにくいといったメリットもあります。保存するときは、直射日光が当たらないところで風通しの良い場所を選んでください。冷蔵庫に入れる必要はありませんが、密封容器に移し替えて保管するのが良いでしょう。

「半生タイプ」は、ドライタイプよりも水分が多いですから、カビが生えないように注意することが必要です。保存する時は、密封できる容器に入れて冷蔵庫に入れるようにしてください。

「ウェットタイプ」は、水分が多く含まれていて柔らかく食べやすいところが魅力です。肉などの素材がそのまま楽しめるのもメリット。ただし、傷みやすいですから保管には注意が必要です。こちらも密封できる容器に移し替えて冷蔵庫で保管してください。傷みやすいですから早めに食べさせるようにしましょう。